<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
お正月



毎年あまり代わり映えしませんが、今年も元旦はお節を囲んでの食卓。



大雪でフライトが遅れ、フロリダから帰ってきたのが30日の夜中1時。翌日は雪かきで車移動も大変で、やっとの思いで買い出しへ。そんな訳で昨年よりも品数も量も少なめに。

お節をこうやってちゃんと作るようになってまだ3回目。ですが、1年に1回とはいえ、繰り返す度に多少要領は良くなっているような。作る量の目安もだいたいわかってきました。
ちなみに、今回お初の品は、アワビの蒸し煮。少し前にいつもの魚屋でみつけた冷凍アワビを3時間蒸しました。ら、柔らかーく、久々のアワビで幸せ感がアップしました。
夜は夜で、いつもより豪華な手巻き寿司で海の幸を堪能。大晦日の魚屋さんは、駐車待ちが出るくらいの混み様でした!




今年も家族皆、健康に一年が過ごせますように。
そして、1品でも2品でも、子供達の好き嫌いが減りますように(笑)


<一の重>
黒豆
かまぼこ
伊達巻き
鮭の昆布巻き
栗金団
ナッツ入り田作り

<二の重>
海老のうま煮
紅白なます
たたきごぼう
酢れんこん
松風焼き
鴨ロース
アワビの蒸し煮

<三の重>
筑前煮

<お雑煮(関東風)>
鴨ロース、大根、人参、葱、餅


謹賀新年




新年明けましておめでとうございます。

フロリダから帰ってきたら、今シーズン初の大雪に出迎えられました。雪景色が広がる中のお正月。でも気温は低すぎず、雪はふかふか、この時期が雪遊びにはもってこいの時で、ビーチ遊びから一転、子供達はクロスカントリーやスケートを楽しんでいます。

さて、モントリオールに来て、丸4年が経ちました。気づけば、在外10年。こんなに長く日本を離れるとは思っていなかった10年前。でも東京→パリ→モントリオールと、それぞれでの場所でのご縁と、懐かしむ場所が増えたということは、紛れもなく自分の糧になっているはず。あちらこちらに在住のお友達、そしてブログを読んでくださっている方々も、今年も引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

2016年、平和かつ温和な1年となりますように。



年の瀬
いよいよ2015年も残り2週間。


相変わらずバタバタな毎日で、自宅のクリスマス準備も大掃除もそっちのけの年の瀬です。それでも冷蔵庫に鎮座するドライフルーツを消費すべく、なんとかクグロフだけは焼きました。本当はシュトーレンも作りたかったし、子供達からのリクエストのジンジャーブレッドの家も・・、今年はゴメンナサイということでー。



そんな多忙な合間に、パワー充電させてもらうために伺った愉しきクリスマスパーティ。お酒好き、旨いもの好きの皆様の集いのために作ったもの。

パテ・ド・カンパーニュ&パン・ド・カンパーニュ




抹茶とパッションフルーツのブッシュ・ド・ノエル






いつもはクリスマスの食卓をどうしようか考え始める時期でもありますが、今年はフロリダのビーチでゆっくり過ごすので、このまま何もせずにヴァカンスへ繰り出すことになりそうです。どうせならものすごーい寒いモントリオールを後にしてフロリダに旅立ちたかったような気もしますが(笑)、今の所、暖冬のモントリオール。雪景色はまったくもって広がっておりません。なので脱出感はちょっと少なめですが、それでも長い長い冬がちょっとでも短く感じられるようにちょっと気分転換をしてきたいと思います。

10月から続いていた学校のストも、12月は継続されていたため、毎年この時期学校で開催されるクリスマスコンサートもキャンセルになりました。毎日毎日、フランス語でクリスマスの歌を口ずさむ次男をみるとちょっと残念。でもストでだいぶなくなった授業を埋めるべくピリピリ、という感じは全くなく、やっぱりこの時期はゆるく過ぎていったようですが。ま、ひとまず学校も今日で終了、冬休みに入りました。

相変わらず季節のご挨拶程度の更新頻度のこのブログですが、これからも引き続きポツリポツリと更新を続けていきたいと思います。皆様、よい年の瀬をお過ごしください。





夏休み中
 

夏休みに突入して、早一ヶ月。例年以上に雷雨が多いようなこの夏、ものすごく暑くなった時もあったけど、基本比較的過ごしやすい陽気、でも屋外プールにはちょっと肌寒いような気がするモントリオールの夏です。
4月から新しいことを始めたので日中の生活が一変し、ブログも放置したまま、あっという間にすぎたここ3ヶ月ほどでした。我が子たちは2ヶ月以上の長い休みをサマーキャンプに入らず過ごすので、久々に子供とのべったり生活。

子供たちは6月からまた始まったサッカーと、しばらくお休みしていた水泳と、8月はテニスも少しだけ始め、あとはだいたい公園遊びと日本語の宿題と。時に、お友達の家で流し素麺を堪能したり、プールで遊ばせてもらったり。

サッカーボール一つあれば兄弟二人でずっとサッカーしていられるし、公園に行くとサッカー少年がちらほら集まってきて、初めて会った子でも、年齢が全然違っても、いつの間にやら一緒に遊びだす。なので、私は木陰で読書、案外楽ちん(でも家で家事ができない時間が長くなるのもそれはそれで大変です・・)。


先日お出かけしたMont Orford。
カヌーしたり、ハイキングしたり。











子供達は根っこや岩がごろごろのコースを、上り坂であろうと下り坂であろうと全く関係なく、軽々と飛び跳ねていき、あっという間に距離を離されます。まるで小猿のよう〜。そのとどまることのない体力に、もう母は到底ついていけません。




日々飯炊きに追われているので 笑、
凝った料理やお菓子作りもほとんどしてませんが、
先日お呼ばれした美味な集いのために作ったアプリコットのムースケーキ。




夏恒例の我が家の男だけキャンプ(=私の嬉しき自由時間)もサッカーで流れ、リスケされるか微妙なところ。毎年訪れるNY州にある知人別荘訪問も我が家の都合で行けるかどうかこれまた微妙なところで、あまり盛り上がることなく過ぎていきそうなこの夏休みです。
それでも、子供達はサッカーだけしていればとても楽しそうなので、まいっか。

引き続き楽しい夏休みを!



謹賀新年


新年明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。
皆様にとって幸多き年となりますように。



師走


雪がどっさり積もった1週間でした。時折大雪が降るのは例年のことだけど、今シーズン初だったからか、路上駐車スペースの除雪作業が駐禁マーク出されたまま一向に進まず、日々の駐車スペースの確保にやきもきしていた2、3日でしたが、ようやく少しずつ動き始まりました。車を運転するようになったので寒さの中の移動は楽になりましたが、こんな積雪量の時は雪かきが本当に重労働です(路上駐車はツライ・・)。

気づけば12月も半ばで、こどもたちの学校でもクリスマスコンサートやら、パジャマを着てのブレックファーストタイム(サンタ登場あり)やら、クリスマス関係のイベントもちらほら。そして、あと1週間で冬休みに入ります。
で、翌週はクリスマス、年越しと怒濤のように過ぎていくー。。

ちなみにこちらは「年末=大掃除」という図式はまったく当てはまらず、そういう意味では気軽ですが、やっぱり長年意識に染み付いたものを完全振り払うことは出来ず、完璧じゃなくてもいいや、という都合の良いとこだけうまく取り入れて、少しずつ大掃除も始めてます。日中子供がいないってなんてステキ、なんてはかどるの!と思いつつも、ゆるゆるり行動ですが、あんまり計画的じゃない私もなんとなく早め作業で進められている今年の師走です。









去年の今頃は嬉々とした気持ちで日本に旅立っていて、頭の中は日本でのあれやこれやでいっぱい、ノエル準備もお正月準備も全くしませんでした。ということで、ノエルデコレーションは2年ぶりですが、2年前とあまり代わり映えはありません。

ちなみに今年は迷ったすえ、シュトーレンではなく、クグロフを焼きました。1年寝かせたドライフルーツのラム酒漬けとヴァローナのチョコ入り、ザクロで仕込んだ天然酵母を使って、バターも卵も大量使いのかなりかなーりリッチな生地のクグロフ。クグロフはちょっぴりぱさぱさ感が好みではないのだけど、このクグロフはしっとりと美味しかった!

ヘクセンハウスも作ったけれど、どうにも砂糖たっぷりのアイシングに愛情を感じられず・・が顕著に現れたデキ(なので遠目で)。こどもたちは喜んでくれるけど、来年からきっとヘクセンハウスは作りませ〜ん。





この時期、家に帰ってきた時のもみの木の香りが好き。
何か特別なことがあってもなくても心も体もなんとなくせわしない師走ですが、なるべくゆったりと余裕をもって過ごせますように。そして、寒さ深まるこの時期、皆さまもどうぞご自愛くださいませ。


ふゆのはじまり


11月半ばの日曜日、朝目覚めたら外は白い世界。すぐに溶けてしまったけれど、うっすらと積もりました。でも翌月曜は朝から一日中雪が降り続き、ちょうど学校がお休みだったので、雪で大興奮の子供達と、雪かきをしたり、ひっそり静まり返った公園で雪遊び。







「Are you ready for winter?」と会う人々にたずねられる今日このごろ。車のタイヤ交換やら子供達のスノージャケット、ブーツなどの新調やら、物理的な冬支度がたくさんあります。でも一番むずかしいのは精神的な冬支度かな。つい2、3日前には栗ごはん炊いたり、なんとなくまだ秋の名残を堪能していたはずなのに、もうすっかり冬突入です。しかも、この日の体感温度−12度、しかも冷たい強風ビュービュー、この急激な気温低下はさすがに気分が萎えます。。ひとまずは、これからくる冬のイベントあれやこれやのことを考えたり準備したり、大掃除したり、カフェに出かけたり、心も体も忙しくしておかないと!




でも例年のごとく、こども達は冬の寒さに対する恐怖心、嫌悪感なんて何もなしー。どんなに寒くてもいっぱいいっぱい遊んでくださいな。







Halloween そして初雪




10月31日、こどもたちがクリスマスの次に楽しみにしている(らしい)イベント、ハロウィーン。
セナは騎士、ルイはシンプルにドラキュラに変装。自分が子供の頃に経験しなかったからなのか、はたまた大量に配られる体に悪そうなお菓子に辟易するからかなのか、は定かではないけれど、いまいちハロウィーンに盛り上がれない母の思惑通り(お下がり着て欲しい、とか、シンプルで準備が楽とか)の変装と相成りました。
なんとなくハロウィンの飾り付けの規模が縮小されているような気もしないでもないですが、それでも当日は18時頃からTrick or Treatでお宅訪問するこどもたちで通りは大盛り上がり。我が子たちもバケツいっぱいのお菓子をもらって大満足の一夜でした。


そしてその週末にはとうとう冬時間に変わり、本日11月7日には初雪がちらつきました。授業を終えて、学校から出てきた子供達からは大歓声。銀世界が広がるのはもうちょっと先だろうけれど、いよいよ長い長い冬のはじまりです。





謹賀新年 2014
新年明けましておめでとうございます。
皆様にとって、幸多き年となりますように。








収穫
この夏のベランダ菜園。
大葉、バジルなどのハーブ類、ミニトマト、きゅうり(こちらのドデカきゅうりじゃなくて日本のような細身)にゴーヤ。あとは、野菜じゃないけど、子供達が育てた朝顔が続々と花をつけています。

これ以外にも水菜、春菊、おくらなどを育ててましたが、大量のアブラムシにやられ、駆除するのも気持ち悪くもったいないながらもおさらばしました。てんとう虫があまりいないわりに、蟻が大量にいるので、アブラムシとはきってもきれない菜園です。。



どんどんツタがのび大きくなっているゴーヤの苗ですが、ようやく実が収穫できました。ゴーヤといえば、やっぱりゴーヤチャンプル。苦みはなるべくとったけれど、それでもぴりっと苦めなので、子供達はゴーヤ抜きチャンプルで。でもゴーヤチップスにしたらほぼ全部をセナが食べてしまった〜。これだって後味ちょっと苦いのにね。すっかりゴーヤチップスを気に入ったセナは、次の実が大きくなるのをいまかいまかと待っています。



最高気温が20度を下る日も出て来て、それこそ朝晩は10度を下る。秋の空気を感じるこの頃。でもまだまだ赤くなっていないプチトマトもいっぱい、ゴーヤの実の赤ちゃんもごろごろと。なんとか暖かさを保って、もうちょっと収穫させて欲しいなあ。