<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 春を告げるもの | main | Tarte Tatin >>
夏の思い出
ご無沙汰している間に、モントリオールはすっかり秋になりました。

このまま冬になってしまう前に、、この夏の思い出を。

昨年の夏同様、NY州Cooperstown(クーパーズタウン)にある仏在住知人の別荘に滞在。
こどもたちも大大大好きなD家族との1年ぶりの再会。今年はD家族の息子さんたちはそれぞれ自分の夏休みを過ごしており不在でしたが、昨年同様楽しい時間を過ごしてきました。



湖遊びにはちょっと寒く、時折雨も降ったり、曇ったりといまいちのお天気でしたが、それでも泳いだり、カヌーをしたり、魚釣り(の真似事?)をしたり。




アンティーク溢れる家の中では、
昔のおもちゃで遊んだり、ボードゲームをしたり、
ピアノをひいて踊ったり、本を読んでもらったり。



時にD家族の親戚や知人なども一緒に加わって
たいていは家でゆっくりと食卓を囲みましたが、
最後はD家族と我が家だけでお別れランチ。


ロブスターたっぷりのサンド。


毎度ながら子供達はD家族とのお別れに涙々。
でも、別れて寂しいと思える人がいることは幸せなことですね。


Cooperstownでお別れした後は直帰せずに西へ400キロ移動、ナイアガラの滝を訪れました。
初日はアメリカ側から、翌日はカナダ側から眺めて。ナイアガラの滝の付近の観光街にはちょっと、というかだいぶ辟易しましたが、やっぱり世界一の滝の迫力はさすがでした。









ナイアガラの滝の近く、オンタリオ湖付近はワイナリーも多く存在します。
ちょっとドライブしてワイナリー巡りをしたり
旬のオンタリオフルーツを直売所で購入したり
その付近の小さな街で食事したり。




ナイアガラから帰路の途中、トロントへもお立ち寄り。
トロント在住のお友達にも会いたかったのだけれど、時間の都合で断念。
たぶん2時間も滞在しなかったけれど、美味しいラーメンを食べて大満足!
それにしてもトロントの街中はあちこち高層ビル建築中ですごかった。
次回来る時はまた違う街並に変わってるかも?




山頭火にて

***

そして、この夏は男子キャンプを2回開催(母はフリータイム♪)。1回目は2泊、2回目は3泊。2回目は雨・曇り続きで気温も15度以下の、私からすると最悪コンディションでしたが、それでも楽しんで帰ってきました。きっとこれからも男子キャンプは恒例となっていくはず。たくさん自然と戯れて、逞しくなっておくれ。













***

時にお友達の家で立派な竹で流し素麺をさせてもらったり、苺やフランボワーズ、ブルーベリーにリンゴ狩りにも行ったり、でもまあ大抵は普通に公園で遊んだり、昨年同様公園に来ていたアニマトリスのお兄さんお姉さんたちに遊んでもらったり。そして今シーズンから始めたサッカーにも本当に本当にのめり込みました。
今年もデイキャンプに何も参加させずに過ごした2ヶ月の夏休み、予想以上にあっという間に過ぎ去ってしまったような気もしますが、それは暑さがいまいち持続しなかったからでしょうか。。それでも子供達も私も真っ黒に日焼けして、夏が終わっていきました。


9月からようやくセナもキンダー通いが始まりました。兄ちゃんがいる学校は既に勝手知ったる庭のよう、兄ちゃんの友達も自分の友達、この夏サッカーで仲良くなった友達何人かもキンダーにいるし、まったく何の不安もなく、母と離れる寂しさもなく、通い始めました。
私も5歳半までみっちりセナと過ごしたので、もう日中離れることへの寂しさはまったくなし〜(笑)。
さあ、新生活のスタートです。



COMMENT









Trackback URL
http://montreal.ccc-rist.chu.jp/trackback/133
TRACKBACK