<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 松茸 | main | Halloween そして初雪 >>
Thanks giving 2014


秋晴れの10月13日(月)、感謝祭(Thanks giving)。
一般的にこの日の主役であるターキーは例年通り無視して、
我が家流の感謝祭ディナーをいただきました。








クオリティはともかく、バゲットから折り込みパイ生地までほぼすべて頑張って自分で作りました、ということだけはほんのちょっとだけアピールしておこう〜。でも初めて作ったミルフィーユはサクサク思ったとおりのものができて良かった!

今宵もお腹いっぱいいただきました。ごちそうさま。



<<メニュー>>
バゲット
牡蠣
オマール海老のビスク オマール海老のパートフィロ包み焼きと共に
カリフラワーのムース オマール海老のジュレをのせて
鴨のロースト クランベリーとザクロのソース 玉葱ジャム添え
ミルフィーユ・ヴァニラ

我が家の感謝謝意はすっかり忘れられて。。。(笑)
それにしても、全て手作りなのね〜。素敵&#10024;
そして、いつも思うのが。。。ルイ君とセナ君兄弟は結婚してから大変だよ。というか、お嫁さん達が。だって、普段からママの美味しい手料理を食べているわけだから、お嫁さんにも同じレベルを要求しちゃいそうじゃない? でも、こんな素敵なディナーが食卓に並ぶなんて本当に素敵〜。
ちび豆 | 2014/11/15 03:22
☆ちび豆さん
私にとっても感謝祭はまったくもってスルーなイベントなのだけど、旦那はクリスマスよりもこの日が大事みたい〜、なので忘れるわけにはいかなくて。

パリで美味しい70%のショコラしか食べなかったルイがこっちにきて、アイシングたっぷりのカラフルカップケーキやお菓子も喜んで食べるようになっちゃうし、ドライブ旅行で仕方なく立ち寄るサブウェイでさえ大喜びもするし、、そういう意味ではいくら美味しいもの家で作っても案外あんまり影響力がなかったりして・・悲。
cc-rist | 2014/11/18 01:03
COMMENT









Trackback URL
http://montreal.ccc-rist.chu.jp/trackback/137
TRACKBACK