<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 謹賀新年 | main | 8さい >>
おせち 2015

元旦の朝はお節とお雑煮でお祝い。







二年前とレシピを変えたりしたものもあり、もうちょっと改善したいレシピもいくつかありましたが、品数的には頑張りました。お友達のお母様が送ってくださったという丹波の黒豆が、こちらで売っている黒豆(haricot noir)よりも2倍ほどの大きさで、さすがのほっくり感。やっぱり黒豆はこうでなくては、と再認識しました。

今年子供達はずんだ餅ブームで、餅が進む進む。でも比較的おせちも食べてくれたかな。もちろん全種類口にして欲しいけど、こうやって毎年しつこく作り続けて、いつかそれが叶う日をじっくり待ちましょうかね。


<一の重>
黒豆
かまぼこ
伊達巻き
鮭の昆布巻き
栗金団
くるみ入り田作り
きんかんの蜜煮

<二の重>
海老のうま煮
紅白なます
たたきごぼう
松前漬け
酢れんこん
松風焼き
鴨ロース
たこの西京漬け

<三の重>
筑前煮
鶏の葱巻き

<お雑煮(関東風)>
鶏肉、かまぼこ、クレソン、餅


ちなみに今年は(というより昨年末は、かな)、玄関のお正月飾りやら、鏡餅やら、羊毛フェルトの羊やら、松飾りやら、いろいろ自分で作りました(=そう、暇人です)。しめ縄や水引など日本から取り寄せたかったのだけど、こちらで手に入る材料でなんとかごまかしごまかし。ひとまずイメージどおり出来て満足。

この写真とメニューを見ると、海外に住んでいるからおせち料理が作れない、というのは完全に言い訳だわね。。。私はこの言い訳をずっと忠実に守って(?)きているのだけど。。。笑

お料理教室を開くべきだと思うわ〜。それか、1日1組限定の隠れ家レストランとか!繁盛すると思うよ〜。

今年も沢山の美味しいブログを楽しみにしていま〜す。
ちび豆 | 2015/01/03 07:57
☆ちび豆さん
私の場合は海外在住だからこそ、ある意味意地で作ってるのかも 笑。あと、私の母は市販品も織り交ぜてたし、コーディネート考える人ではなかったから、違うライフスタイルに憧れがあったのかも。

今年はお友達の分も作ったので、渡すまではちょっと心配だったの。誰かに提供したり教えたりする自信がいまいちまだ足りない&#12316;。
cc-rist | 2015/01/03 13:49
COMMENT









Trackback URL
http://montreal.ccc-rist.chu.jp/trackback/143
TRACKBACK